電子ビームによるコバール容器の真空封じ溶接
電子ビーム溶接はアーク溶接の5,000倍のエネルギー密度があり、深い溶け込み形状が得られ、きれいにかつ強力に接合することが可能となります。

コバール製のキャップ(厚さ0.5mm)と容器の電子ビーム溶接。
キャップ外周をパルス状の電子ビームで溶接する(通常はCW=連続溶接)。
CWに比べ、更に低入熱・低歪の溶接が可能であるため、ハーメチックシールド等にも有効。
キャップ上のφ0.2mm穴(4ケ所)を1ショット溶接して容器内部を真空にしたままで封じきる。1パルス=20mm秒と短いので、入熱過多にならず、容易に溶接可能。

受託加工INDEXページへ

閉じる
Copyright (C) 2005 TOSEI ELECTROBEAM COMPANY LIMITED. All Rights Reserved.