電子ビームによる銅とステンレス(SUS)鋼の長円パイプ溶接

電子ビーム溶接はアーク溶接の5,000倍のエネルギー密度があり、深い溶け込み形状が得られ、きれいにかつ強力に接合することが可能となります。

銅(C1020)とステンレス鋼(SUS304)長円パイプの溶接。
高エネルギー密度のビームで、対象物を瞬時に溶融される為、熱伝導率の異なる組み合わせの溶接が可能。
ビーム照射位置(ネライ位置)のシビアなワークでも、NC3軸制御+ティーチングで制度の高い溶接が可能。
溶け込み深さ=約3mm。
リークレートは、1×10-9Pa・m3/sec以下。


受託加工INDEXページへ

閉じる
Copyright (C) 2005 TOSEI ELECTROBEAM COMPANY LIMITED. All Rights Reserved.