パイプへの模擬ステント加工



材質:コバルト合金
パイプ径:φ(ファイ)1.55mm/肉厚:100μm/残し幅:約100μm

上のサンプルは極短パルスレーザーによるコバルト合金製パイプへの模擬ステント加工です。
ステントとは人間体内の管状の部分(血管・食道等)を内部から広げる為に使用する医療器具です。その用途から血管等に直に触れる物である為、切断部分にバリ等が残ると危険ですが、非熱加工が可能な極短パルスレーザーで加工することにより、バリの発生を抑制しています。

受託加工INDEXページへ
閉じる
Copyright (C) 2005 TOSEI ELECTROBEAM COMPANY LIMITED. All Rights Reserved.